IR

  1. ハウスドゥグループ ホーム/
  2. IR情報/
  3. トップインタビュー

トップインタビュー

売上高は過去最高を更新。経常利益は前期比+46.4%。

2021年6月期(当期)は、新型コロナウイルス感染症再拡大により度重なる緊急事態宣言が発令され、他業種では対面型サービスを中心に経済活動が低水準で推移する中、住宅需要は引き続き堅調に推移し、当期業績は、売上高390億37百万円(前期比18.7%増)と過去最高を更新し、経常利益は、25億14百万円(同46.4%増)となりました。       

成長強化事業であるフランチャイズ事業、金融事業の安定収益に加えて、前期にコロナ禍の影響を受けたリフォーム事業等も回復を見せ、とりわけ不動産売買事業では、充実した商品在庫の販売が好調に進み、業績を押し上げました。緊急事態宣言下においても直営店の反響は衰えなかったことから市場は強いと感じ、仕入強化に踏み切ったことが奏功しました。マイナス金利の影響により住宅ローン金利も低水準で推移しており、当面実需は堅調に推移するのではないかと考えております。       

成長強化事業は堅調な推移

フランチャイズ事業では、累計加盟契約数は700店舗を突破し、2021年6月末時点で702店舗となり、また、累計開店店舗数は616店舗となりました。積極的なプロモーションと店舗数増加に伴う認知度向上やブランド価値向上等により同業種からの加盟が順調であったことや、コロナ禍でも堅調な不動産業への関心が高まったことによる異業種からの新規参入が好調に推移しました。

ハウス・リースバック事業では、政府保証の融資支援により資金需要が一時的に減少しましたが、仕入契約件数は903件(前期比27.9%増)、保有物件数は339件で保有総額は45.9億円となりました。問い合わせは引き続き旺盛ですので、仕入をさらにベースアップを図るべく、不動産流通事業の直営店を統合し、ハウス・リースバック事業へシフトすることで人材補強を行っていきます。

金融事業では、リバースモーゲージ保証事業の提携金融機関が26金融機関(2021年8月16日時点)となり、保証残高は53.4億円となりました。徐々にニーズは顕在化してきており、また、提携数増加に伴いペースは上昇基調となっております。本格的な拡大はまだまだこれからですが、その時期は近いと感じています。また、リバースモーゲージに加えて、不動産を担保にした事業性融資保証の展開も考えております。金融機関様も関心を持っていただいておりますので、大きなマーケットになると考えています

一方で、不動産担保融資は、質を重視し、当社グループの各種不動産サービスを絡め、シナジーを効かせていきたいと考えております。

中期経営計画最終年度は、引き続き増収増益を見込む

中期経営計画最終年度である2022年6月期の業績予想は、売上高391.0億円~444.3億円、経常利益28.0億円~35.0億円のレンジ形式としております。成長強化事業の伸長に加え、堅調な住宅需要の下支えにより増収増益を見込んでおりますが、新型コロナウイルス感染症の収束もまだ見通せない状況ではございますので、下限値をベースラインとして経済活動の改善状況及び各種取り組みの効果を想定したうえで上限値を設定し、成長強化事業への継続した投資と、グループのシナジー効果による生産性、効率性の向上を図り、安定した収益の確保と持続的な成長を目指してまいります。

また、2022年1月1日予定で、事業持株会社体制への移行を決定いたしました。これまでは「HOUSE DO」という社名、ブランド名で住宅関連の事業を中心として手掛けてきておりますのでそのイメージが定着しておりますが、商業物件、収益物件も取り扱う総合不動産業のサービスメーカーとしての展開を目指すという意味で、「And Doホールディングス」という社名といたしました。また、持株会社体制とすることで次世代の経営人材の育成も行いたいと考えております。

株主の皆様へ 配当・配当方針について

当社グループは、持続的な業容拡大と収益性向上による企業価値の増大を図るうえで、株主様に対する利益還元を重要な経営課題と認識しており、安定的かつ継続的な配当を実施していくことを基本方針としております。

当期の期末配当金につきましては、一株当たり30円(配当性向36.2%)とさせていただきます。当社は依然として成長過程にありますが、今後も配当性向30%以上を基本水準と定め、キャッシュ・フローの状況と業績見通し等を総合的に考慮の上、配当を実施してまいります。

株主の皆様には、これからもご支援とご鞭撻の程、宜しくお願い申し上げます。

ページトップへ