ハウスドゥ! ハウス・リースバック

お急ぎの方はこちら 0120-350-340
文字サイズ

ハウス・リースバック活用事例

  1. TOP
  2. ハウス・リースバック活用事例
  3. その他の事例

その他の事例

  • 介護施設でお世話になっていましたが、自宅に戻ることができました!

    NEWご家族1人(ご本人)

    お悩み
    介護施設でお世話になっていましたが、自分には合わないので、退所したくなりました。高齢のため引っ越しもできず、住み慣れた自宅に戻れたらうれしいと思っていました。また、子どもたちにも先々負担をかけたくないので、現金を残しておけるハウス・リースバックは自分にピッタリでした。
    ハウス・リースバックで解決!
    自宅に戻ることができました。子供達にも余計な心配をかけずに、自宅で生活できます。尚且つ、手元に現金が残り、追加保証金制度の利用で月々のリース料を安くする提案を頂き、助かりました。
  • 甥や姪に煩わしい遺産整理をさせることがなくなり、将来の不安から解放されました。

    NEWご家族1人(ご本人)

    お悩み
    この先結婚の予定もなく子供もいないため、生前に資産を整理したいと思いご相談しました。父が亡くなった際、死後の遺産整理がとても大変で、兄が苦労していたのを目の当たりしていたため、常々そのように感じていました。
    ハウス・リースバックで解決!
    元気なうちに資産を整理することができ、ほっとしました。甥や姪に煩わしい遺産整理をさせることがなくなり、将来の不安から解放されました。今後は安心して老後が送れます。追加保証金制度を利用したので、月々の負担も抑えられています。
  • 家を売却したことで、リース料を払いながら犬と住み続けることが可能に!

    お悩み
    30年以上前に購入した家に、大型犬2頭と住んでいます。還暦を過ぎ、今の家は一人で暮らすには広すぎますし家を残す家族もいないので、元気でいる間に家を売却して、賃貸に引っ越そうと考えていました。家を売却し、事業の借入も返済したいのですが、大型犬2頭を飼うことができる賃貸物件は、探してみてもなかなか見つかりません。
    ハウス・リースバックで解決!
    売却して得た資金で事業の借入も返済。資産を整理できたことで自分が亡くなった後、親族に迷惑を掛ける心配もなくなり、非常に気が楽になりました。犬が生きている間は住み慣れた家で、これまで通り犬との生活を続けていきます。
    また、売却で得た資金からしばらくの間生活にもゆとりが生まれますし、一層充実した老後を計画的に送れそうです。
こんな使い方はできる?サービス内容について詳しく知りたい!などなどお気軽にご相談ください! お問合せはこちら

その他の事例

ハウス・リースバック活用事例

住まいの売却タイプ診断 古田敦也氏(元プロ野球選手)×安藤 正弘(株式会社ハウスドゥ代表取締役社長 CEO)スペシャル対談

おかげさまでハウスドゥ!は
不動産売買仲介専門フランチャイズで
店舗数業界No.1!

全国ネットワーク443店舗
(オープン準備中含む)2017年5月末現在

※「ビジネスチャンス」(平成28年10月22日発行-「2016年12月号)」調べ「2016年版FC加盟店数ランキングTOP201」より。

ご相談は無料です対応可能エリアについては
下記までお問合せください。
※一部、対応できない
エリアもございます。

0120-350-340 お問合せはこちら
FAXでのお申込み